今どきの歯科医院は虫歯をレーザーで除去する

歯科医院での虫歯治療は、歯をドリルで削る音や振動が苦手で治療が終わった後も不快感が続くという患者さんが多いというのがこれまでの一般的な認識でした。
しかし、歯科治療も時を経るごとに進化しており、最近ではレーザーを用いた虫歯治療を行う歯科医院も増えてきています。

特に大阪など大きな街ではその傾向が強いと言われています。
患者の数が多く、その要望に応える必要性が高いからだと思われます。
大阪では例えば、淀屋橋の歯科医院でも虫歯治療にドリルで不快にならないよう努める治療方法が広まっています。

歯科治療で用いられるレーザーには複数の種類があり、それぞれの治療に適したレーザーを用いなければ十分な効果を得ることができません。
歯科の治療に使えるレーザーは、虫歯の治療に用いられるものとそれ以外の歯茎の切開などに用いられるものとに大きく分けることができます。

歯を削ることが許可されているレーザーは水を併用するため、痛みが発生するのを抑えることが可能です。
生体組織の水分に反応をするため、発熱することが少なく、周りの組織を破壊することがほとんどないため、安全性の高さでも高い評価を得ています。
治療を行う時は、虫歯の悪い部分だけを除去することが可能ですので、健康で侵されていない部分の歯を大きく削らないで治療を行うことができます。
削ってしまった歯は元には戻りませんので、悪い部分だけを除去できるレーザーを用いた治療法は画期的な治療法であると言えます。

歯科医院での虫歯の治療では、ドリルで削ること以外に、治療の前に行う麻酔の注射で痛みや恐怖を感じる患者さんが多いです。
レーザーを用いた治療では麻酔をほとんど行わずに、また行ったとしても少量に抑えて治療を行うことができるため、麻酔針で刺される痛みをそれほど感じずに済みます。

1回の治療も短時間で済むので、患者さんの負担はかなり抑えられます。
ドリルで歯を削る音や振動などもありませんので、治療を受けることでのストレスも少なくなります。
歯茎の切開においても出血が抑えられるため、治療する部位がはっきりと認識しやすく、正確な治療を行うことが可能になります。
傷口の殺菌も行うため、治療した後の治りが早くなります。
レーザー治療を行うことにより、虫歯の悪いところを大きく削ったり抜歯をしたりすることを極力抑えた治療が可能になるのです。

レーザー治療にかかる費用ですが、初期から中期程度の虫歯の治療に用いられる場合は保険適用ができますので、それほど費用が大きな負担にはなりません。
定められた治療以外の方法を行う場合は保険適用外になることがありますので、かかりつけの歯科医院にて確認してから治療を受けるようにしましょう。