妊婦が歯周病だと早産のリスクが高まる

妊婦が歯周病になると、早産や低出生体重児のリスクが高まるというデータがあります。
早産とは妊娠週数が37週未満で出産することをいいます。
十分に発達しないうちに生まれてきてしまうので、当然ですが赤ちゃんの体重も軽い低出生体重児が多くなります。

妊婦の歯周病がどうして早産に影響を与えるのかは、まだはっきりと解明されたわけではありません。
しかし、サイトカインと呼ばれる生理活性物質が影響を与えることが分かってきました。
サイトカインは炎症によって増える物質ですが、子宮収縮作用を持つプロスタグランディンという物質の分泌を促します。
歯周病は歯茎に炎症を起こすので、サイトカインが増えてしまいます。
そしてサイトカインの影響で、プロスタグランディンが分泌されることによって子宮が収縮することになります。
陣痛が引き起こされ、それが早産に繋がってしまうのです。

お腹の中の胎児が十分に発達していない状態で生まれると、免疫力が低いため病気にかかりやすくなってしまいます。
体重が少なければ少ないほど、合併症を引き起こすリスクも上がると言われています。
ですから赤ちゃんは、正産期までできるだけ母親のお腹の中にいるのが望ましいのです。

早産を防ぐためにも妊娠した際には、虫歯や歯周病にならないように歯磨きをするなど口腔内をきちんとケアする必要があります。
特に妊婦は女性ホルモンの影響で、歯茎に炎症が起きたり虫歯になりやすくなると言われています。
妊娠初期だと悪阻もあり、歯ブラシを口の中に入れると気持ち悪くなってしまうという女性も多いものです。
きちんと歯磨きができないことで、口腔内の環境が悪化してしまい歯周病が進行してしまうこともあります。

妊娠中期を過ぎると悪阻も治まってくることが多いので、歯科治療を受けられるようになっていきます。
妊娠中でも胎児に影響を与えることなく安全に使用できる薬などもあるので、虫歯や歯周病になっている時には我慢せずに医師に相談することが重要です。
また、妊娠を希望している女性は、日頃から歯科の定期健診を受けたり毎日丁寧に歯を磨くなど口腔内のケアをしておくことが大切になります。

生まれてきた赤ちゃんには虫歯菌はいませんが、成長していく過程で周りの人から唾液などを通して虫歯菌が移されるとされています。
母親は赤ちゃんと接する機会が一番多いので、口内環境を良くしておくことが生まれてくる子供の虫歯にも繋がります。