酸蝕歯という疾患の原因とは?

「酸蝕歯」は近年問題視されている疾患です。
歯を失う原因にもなる恐ろしいもので、酸性の強い物を食べたり飲んだりすると、酸によって歯が溶けるリスクが生じます。
歯が溶けることを専門用語で「脱灰(だっかい)」と言い、エナメル質からリン酸カルシウムの結晶が溶け出します。
とてもゆっくり進むのでこれまでは大人がなるものだとされていましたが、子供の食生活が変化してきたため子供もなり得ると言われています。

酸蝕歯という疾患を引き起こす原因は、炭酸飲料や果汁飲料を日常的に飲み続けることです。
例えば炭酸飲料のpH値は2.2~2.9で、エナメル質が溶け始めるリスクが生じるのはpH5.4~5.5以下なので、酸蝕歯になる可能性は十分あるということになります。
オレンジやミカンなどの柑橘類の果汁飲料はpH値4.0前後が多いですし、レモンではpH値2.1なので注意が必要です。
また、ワインのpH値は4.0前後なので酸性の飲料であり、ワインをよく飲む人は酸蝕歯になっていることが多いです。
ワインだけでなく、ビールもpH値5.0以下なので酸蝕歯の危険性はあると言えます。

炭酸飲料やミカンやオレンジ、レモンの柑橘系果汁飲料をよく飲む人は、牛乳や麦茶に変えると良いです。
牛乳や麦茶はpH値6.0程度なので酸蝕歯を引き起こすリスクはほぼありません。

健康のためによく飲まれている黒酢などの酢にも酸蝕歯の危険性があります。
黒酢はpH3.1程度で注意が必要です。
ある症例では、毎日運動後に黒酢を長年にわたり飲み続けた場合、歯の表面のエナメル質だけでなく、その内側の象牙質まで連続した酸蝕と磨耗の合併が出たという患者さんもいます。
これは、口の中が乾燥した状態で黒酢を飲み、しかも口の中にためながら飲む癖があったため、酸の刺激を長く与えてしまったためだと考えられます。

酸蝕歯の原因は飲み物だけではありません。
食べ物も原因となることがあり、pH2.1のレモンやpH値3.2のグレープフルーツなどの柑橘類が挙げられます。
果汁だけでなく果実も同様です。
また、酢を使ったドレッシングはpH値3.1~4.0が多いです。
毎日使用するのは避ける方が良いでしょう。

エナメル質や象牙質を溶かす酸には種類があり、酸蝕を引き起こす能力が異なります。
クエン酸やリン酸がありますが、クエン酸の方が歯を溶かす能力が高くなります。
また、溶け出したカルシウムと結合するカルシウムキレート能力を持つ飲料水にも注意が必要です。