銀歯は抜歯へのカウントダウンだった!?

歯が痛くて歯科医院を受診したら、虫歯が見つかり、削って銀歯を詰めたという経験をした人は多いでしょう。
銀歯を詰めたり、被せるともう治ったと思い、安心してしまうかもしれません。
しかし、実は銀歯にすることが、抜歯へのカウントダウンが始まっているということは意外と知られていません。

健康な歯が虫歯になってしまうのは、虫歯菌が侵入して歯が溶けるためです。
削ることで虫歯はなくなったと思うかもしれませんが、銀歯の詰め物や差し歯というのは、歯と隙間なく詰めることが非常に難しい素材です。
隙間のない健康な歯ですら虫歯菌の侵入を許してしまうのですから、隙間があるとそこから簡単に虫歯菌が入り込んでしまいます。

一般的に、銀歯の詰め物の寿命は5年程度と言われています。
差し歯でも7年程度と、決して長い寿命ではないことが分かります。
この寿命は、金属がイオン化して少しずつ溶け出すことや、金属と歯の間にある接着剤の劣化が原因です。
お口の中は、冷たい物から熱い物まで様々な物が毎日入ります。
温度差により金属が膨張したりすることで、気付かないうちに劣化していってしまいます。

銀歯そのものは虫歯になることはありませんが、銀歯と歯の隙間から新しい虫歯ができることは珍しくありません。
最初は小さな詰め物であっても、隙間から虫歯ができるのでまた削っていくということを繰り返していると、歯の神経を取る必要が出てきます。
神経を取ると詰め物では対処できなくなってしまうので、差し歯になります。
差し歯の状態が悪くなれば、やがて抜歯しなければいけなくなります。

このように、1度銀歯にしてしまうと、どんどん歯の状態は悪くなってしまうために、抜歯へのカウントダウンと言われています。
もちろん、きちんと歯を磨くことで寿命を延ばすことはできますが、削ってしまった歯は元に戻ることはありません。

銀歯は見た目が悪いために、最近セラミック治療を希望する患者さんが増えています。
セラミックは銀歯よりも見た目がきれいなだけでなく、歯と隙間なく接着することができます。
また、セラミックはツルツルした素材なので汚れが付きにくく、虫歯になりにくいです。
寿命も長く、10年は持つと言われています。
削った後には銀歯を詰めるというのが一般的ですが、治療をする際にはセラミックなど他の治療も検討するようにしましょう。
せっかく治すのであれば、よりきれいで長期間持つ治療の方が安心です。